【アウルアップデート】Googleのアルゴリズム更新について

アウルアップデートとは

2017年4月25日にアメリカで
Googleのアルゴリズム更新が行われました。

これが「アウルアップデート」と言われています。

Googleのアルゴリズム更新といえば
過去にも
「ペンギンアップデート」
「パンダアップデート」
などなぜかカワイイ名前が
ついていましたね。

今回は「アウルアップデート」
アウル (owl)とは、英語でフクロウという
意味になります。

フクロウのアップデートなんですね。

今回のアップデートに関して
グーグルが詳細を発表しています。

⇒ こちら

グーグルがアップデートに関して
詳細を発表することは珍しいことなので
今回の「アウルアップデート」は
グーグルにとっては重要なものだと言えますね。

いろいろと変更点があるのですが
一言でいうと「フェイクニュース」に対する
対策が行われています。

「フェイクニュース」とは
ガセ情報で事実と異なる情報を
配信するものです。

何かと問題となっているものです。

このフェイクニュースに関して

今回対策が取られたということになります。

「アウルアップデート」でフェイクニュース対策はどこまで正確にできるのか?

「アウルアップデート」で
フェイクニュース対策が
どこまで正確にできるのか
とても気になることです。

確かにフェイクニュースは
みなさんを不安にさせたり、
混乱させたりといいことがないものなので
排除するのはいいことだと思います。

ですがフェイクニュースの記事を
グーグルのコンピューターが
自動でどこまでチェックできるのか
疑問ですね。

一生懸命書いた記事が
これはフェイク記事だと
判別されてしまっては
たまりませんからね。

どういう記事がこの
「アウルアップデート」に
ひっかかってしまうのか?
引き続き注目していきたいと思います。

まとめ

今回4月終盤に行われた
Googleのアルゴリズム更新は
「アウルアップデート」です。

これはフェイクニュース対策のものです。

まだどこまでOKで
どこからがNGなのかという
はっきりとした線引きができていないのですが
グーグルはコンテンツの質とリンクを判断材料にして
検索順位を決めています。

ですから私たちアフィリエイターは
ユーザーファーストをしっかりとした意識をもって
コンテンツを作成していくことが大事です。

リンクに関してはできれば
自然な被リンクを増やしていくことが理想ですが
現時点では飛ばされるリスクはありますが
自作自演の被リンク対策も効果があります。

・コンテンツの質
・被リンク
この2点を考えてサイト運営をやっていきましょう。

関連記事はこちら ~この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です