Googleの検索アルゴリズム変更が最近行われた件

検索アルゴリズム変更

3月9日あたりにGoogleの検索ランキングの
アルゴリズムの変更がありましたね。

私にも個人的に
サイトの順位が落ちたり、
圏外までサイトが飛ばされてしまったという方
から連絡がたくさん来ました。

Googleのアルゴリズムの変更は、
先月2月3日に行われたばかりですが

あれはDeNAの医療系サイト「WELQ」が問題となった
オリジナルではない
リライト記事のキュレーションサイト対策の
アルゴリズムの変更でした。

その際に合わせて発表された「日本語検索の品質向上に向けて」では、
「継続的にサイトの品質評価アルゴリズムの更なる改善を行って参ります。」
と書かれていたので、
3月9日に行われた検索エンジン結果の順位変動は
その一環の更なるアルゴリズム変更が原因だと思われます。

Googleは今回の変動により
「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、
より上位に表示されるようになります。」

としていますがいくらグーグルでも
アルゴリズムで全てを完璧にコントロールするのは不可能です。

今回の場合でも
Googleの裏をかくような方法を取っていないサイトまでも
圏外に飛ばされていますし
私も最近のトレンドブログ記事の
検索結果を見ていて気が付いたのですが、
それまでの文字数が多いサイトへの評価が変更されたようで、
低品質と思われるようなサイトが
比較的簡単に上位表示できていることも目撃しています。

これは文字数が多いサイトが良いサイトという
縛りが少しは無くなった影響ではないかと思っています。

最近では●●ブログの記事が
検索結果上位に多く見られるようになっていますね。

●●ブログのような昔からある
プラットフォームを使っていることが
Googleのアルゴリズムに対しての
信頼を勝ち取っているのでしょうね。

関連記事はこちら ~この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です